【Doodlyレビュー】プロ級の手書き動画が5分で作れる!海外で話題沸騰中の手書き動画作成ソフトDoodly

手書き動画って素敵ですよね。本サイトの紹介動画を作ってみました。

この動画は「Doodly」という動画制作ソフトウェアで作っています。

「手書き動画を作るなんて難しそう」と思われるかもしれませんが、上の動画は30分弱で完成しています。慣れてくれば、もっと早く作れると思います!

また、以下のように黒板風だったり、まるで窓ガラス越しに見ているような手書き動画も作ることができます。

海外で話題沸騰中のDoodlyの機能を見ていきましょう。

Doodlyの概要

わたしは最近、外国人向けに日本文化の紹介動画や日本語の学習動画をYoutubeで作りはじめたのですが、このDoodlyがとても役立っています。

上の動画を見ていただければわかると思いますが、音楽も流すことができ、ボイスオーバーも挿入することができます。

ビジネスのマーケティングに最適なのはもちろん、結婚式で流す動画や、学校や習い事などの学習動画やレッスン動画にもぴったりです。

49%オフは以下から↓

ホワイトボード・黒板・グラスボードなど多数のオプション!

手書き風の動画の種類は、
  • ホワイトボード
  • 黒板(黒)
  • 黒板(緑)
  • グラスボード
  • カスタムイメージ
から選ぶことができます。

「黒板」に設定すると、チョークで書くような文字を書くことができます。

また「グラスボード」は窓ガラスに文字を書いてその反対側から見たような動画を作成することができます。

また背景の画像は、自分の好きな画像をアップロードすることもできます

以下の動画では、ルーズリーフ風の画像をアップロードして背景にしてみました。

またクリックひとつで動画のタイプを変更することができるので、黒板風の動画を作ったあとで、ホワイトボードやグラスボードに変更することも簡単にできます!

操作は簡単!英語がわからなくても大丈夫!

「Doodly(ドゥドリー)」という名前は英語の”doodle(落書き)”からきています。

残念ながら日本語には対応していませんが、全く英語がわからなくても十分に使うことができます。

下の画像が作業用の画面です。

地図の画像がほしいなら左側のボックスに「map」と英語で入力するだけでOK!

関係するいろいろなオプションが表示されます。その中から好きなものを選ぶだけで自動でアニメーションが作成されます。

右側のボックスの中の数字を変えることによって、選んだイラストを何秒間で描くかを変更することができます。

支払いをするときだけ、少しだけ英語を使わなければなりませんが、実際に作業するときには高度な英語力は全く必要ではありません。

たとえば、アニメーションの手の種類も様々なオプションから選ぶことができます。

男性、女性、ペンの種類も好きなものを選ぶことができますし、アニメ(イラスト)の手を選ぶこともできます。右利きか、左利きかも選ぶことができます。

49%オフは以下から↓

さまざまなキャラクターが表情豊かに動画を演出!

Doodlyでは、老若男女たくさんのキャラクターが様々なポーズや表情をした動画を描くことができます。

1人のキャラクターにつき25以上のポーズや表情の中から使いたいイラストを描くことができます。

また、上部の検索ボックスに単語を入力することで、自分がほしいポーズや表情を探すことができます。

「sitting」「happy」と入力してみると、以下のようなイラストを見つけることができます。

たくさんのイラストがあるので、欲しいものが見つからない、ということはないといってよいでしょう。

身の回りのイラストもたくさん!

「props(小道具)」というセクションでは、身の回りの様々なもののイラストを探すことができます。

たとえば「apple」と検索してみます。

果物の「リンゴ」はもちろん、アップルパイ、リンゴの木が出てきますし、iPhoneやアップルエアポッドまであります。

今度は「study」と入力してみましょう。

すると、イスや本や本棚、学校の建物などが出てきます。

Doodlyの価格とお試し期間

Doodlyはまだ比較的新しくできたソフトウェアですので、アップデートもかなり頻繁に行われており、キャンペーンを行っていることもよくあります。

サブスクリプション制で正規価格は39ドルと少しお高めですが、現在は年一括払いをすることで49%の割引セールをしています!

また、ほとんどの人は、結婚式のための動画、プレゼンテーションのための動画、事業の紹介動画…と1年に2、3回しか動画を作る機会はないと思いますので、高額なソフトウェアを一括で購入するよりも、使うときだけ月額料金を払うほうが良心的なお値段といえると思います。

しかも30日以内に返品すると全額戻ってくるので、ちょっと友達の結婚式のための動画を作るために購入して、すぐ返品…ということも可能です。(しないほうがいいとは思いますが^_^;)

わたしはがっつりと使いたいので、750以上の人物イラスト、それに6200以上の動物や小物や吹き出しなどのイラストが利用できるEnterpriseに登録しています。しかし、使いたいイラストを自分でアップデートできるのでStandardでも十分に使うことができます

ただし、使える手書き画像を拾ってくるのがちょっとめんどくさいのと、手書き風動画にする設定を作り込むには少し時間がかかるので、たくさん使う予定の方は時間短縮のためにEnterprise版を利用をおすすめします。

49%オフは以下から↓

Doodlyで安く簡単に動画作成!

ちなみに、日本で手書き動画作成のサービスを行っている企業もあります。

しかし、検索してもらえばわかりますが、数分の動画を作るだけでも3、4万はかかってしまいます。

自分で作ろうとすると、動画やアニメーション用のソフトウェアを購入しなければならないのみならず、なにより作り方を習得するのにも一本の動画を作るのにも長い時間がかかってしまうので、「ちょっと今度の水曜のプレゼンで…」なんていうことはできません。

こうして比べてみると、Doodlyがいかに優れているかがわかります。しかも、一度、サブスクリプション登録している間は、使用できるパソコンの数は無制限です!

ぜひ、Doodlyを使って、素敵な手書き動画を作成してみてください!

タイトルとURLをコピーしました